フォトフェイシャルとのコンビネーション

コンビネーション治療でのしみ対策にも効果を発揮するフォトフェイシャルは、他の美容施術と組み合わせるのがおすすめです。
いろいろとしみといっても種類があるもので、しみに応じた治療が必要とされています。
内服薬や外用薬と組み合わせる方法や、イオン導入やケミカルピーリングと組み合わせる方法が、フォトフェイシャルにはあるようです。
肌を活性化させるフォトフェイシャルを行いながら、肌に栄養成分を導入していくのです。
ボトックス注入やヒアルロン酸注入をフォトフェイシャルに組み合わせるという方法もあり、しわ対策や引き締め効果を得たい場合には良いでしょう。
クリニックの中には、最初からフォトフェイシャルにコンビネーション治療を組み合わせたコースを設定しているところもあるそうです。
フォトフェイシャルの効果があるのは、しみやしわなど様々な肌トラブルだけではありません。
フォトフェイシャルはいろいろな治療方法と一緒に行うことに適しています。
複数の治療を一度に行うと肌に負担になりますし、金銭的な負担も高くなります。
フォトフェイシャル自体の効果が実感しづらくなるのが、まとめて治療を行うという方法です。
もし初めて行うのであれば、フォトフェイシャルをまずは受けて効果を確認しておきましょう。

ボトックス注入やヒアルロン酸注入をフォトフェイシャルに組み合わせる





ボトックス注入やヒアルロン酸注入をフォトフェイシャルに組み合わせる